そろそろ終わりに近づいておりますので、

今しばらく「流産について」にお付き合いください。

 

ゴールデンウィーク明けの診断で、

そろそろ自然流産が始まる傾向が見えた私。

月の満ち欠け・海の満ち引き - どうか順調に

 

前の記事に書かせて頂いたように、月の満ち欠け・海の満ち引きに

関係してくるだろう大潮の前日から、その兆候は表れました。

 

ちょうど満潮が、午後3時~4時ころにあったのですが、

その前後になると下腹部に鈍痛があり、横になっていないとしんどい状態に。

 

流産が開始すると出血が増えると聞いていたので、

夜用の生理用ナプキンを付けていました。

 

でも、実際に始まるとすぐ変えないといけないくらいの出血。

 

私は、もともと生理中なども経血をお手洗いで出すような

タイプの人なので(おそらくタンポン利用者だからだと思いますが)

少なくて済んだ分もあると思います。

 

その分、トイレに行くと表現が正しいかわかりませんが、

カメの産卵のようにボコボコと血の塊が出てくるのです。

 

先生からは、「胎嚢が出てきたら、できたら持ってくるように」

と言われていましたが、それっぽいものはない。

 

先生曰く、明らかに他のものとは大きさや形状が違うので、

判るということでしたが、トイレに流しちゃったら困ると

毎回割り箸で確認していました。

 

この出血で終わると思ったのですが、1度では終わらず、

これが日に2回ある満潮の時間に2日程度続きました。

 

さすがに、これは自然流産が始まったとわかったので、

すぐに上司・お客様に電話をし、

しばらくお休みをいただくことにしたのでした。