援助交際を400人以上した(15歳のときは一日一回はしていて、13〜19歳まで)。売春。うち100人くらいは違法未成年デリヘル。
コンドーム有りの風俗でもオーラルセックスや唾液などの粘膜接触で3日間一日20人相手して検査したらHPV(男にある菌が体内に取り込まれること・非処女の80%がこれで子宮の病気に50歳までになる事実 ソースはhttps://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0CCMQFjAA&url=http://www.shikyukeigan-yobo.jp/cause.xhtml&ei=4JgQVKT9OpW78gWx2oLoBw&usg=AFQjCNEi7FCx-ZUkFd98x0X3H_N7aIJrBw&sig2=gfydPLlpc3Gx161njJlUcQ&bvm=bv.74894050,d.dGc)上昇で子宮頸癌の疑い宣告。19歳。一生治らない梅毒とクラミジアと、15歳の頃にはカンジダにも頻繁になっていたから、体がウィルスに弱くなっていて、感染しやすくもなってたらしい。
女性はやると体弱くなる。ほんとに。
売春援交300人中、山の中放置殺されかけが1回(回避)・やり逃げと財布と携帯盗まれが1回・アナルセックス強要2回(後に脱肛し、腸が肛門から飛び出て現在も治療するも、治らないと宣告され、かゆみや違和感有り)・覚せい剤強要が2回(社会的にも、学校のレベルコンプレックス・母親の男遊び父親のDVや養育放棄によりどん底からもっと底へいこうと、万が一しんでもいいと思っていた)

売春では頭の悪い女を演じるため、反復学習による慣れで実際に価値観変わり、頭悪くなり、年齢とともに金額も下がり、社会からの疎外感、悲観にくれ、金を取る悪い男にひっかかったりする。その時に違法ドラッグなどを差し出されると、断る意思さえ無い。

違法ドラッグ・覚せい剤のせいで今までの恨みが爆発し、母親を包丁で刺す。

格安違法デリヘルで50回中やり逃げが1回(未成年と解ると買春相手は逃げる可能性有り・サッカー選手を名乗っていた)・店長からの強要が1回(回避)。
未成年淫行で何人か逮捕。新聞に載り、職を失った人が1人と聞く(事情徴収参加)。

16歳で精神科・知的障害認定、22歳で精神障害認定により障害年金開始。
16歳で生活保護開始、売春をほとんどしなくなり、19歳で完全に性行為自体を、主にサイトで知り合った同年代の男ともしなくなる。
高校は留年などをしながらも通信制卒業。
悪い中学(受験も無い公立)の女のクラスメイトに誘われて無理矢理入った自分のレベルより遥かに低い高校。
続かない。
父親は学費の援助をするといいながら、しなくて、退学。援助交際は、続いていたし、定時制高校でも、留年や理想とのギャップで、成績は0。
親戚の精神・家事援助で通信制卒業、職業訓練で介護士資格取得、その時の先生に「男は股開いたら誰でもええねんで」婦人科の女性医師に「そのままじゃいつか死ぬよ」という言葉、梅毒・クラミジア陽性でそこから現在まで性行為しなくなる。
母親の同居交際相手が風俗店勤務のソープ通いで梅毒・淋病などを患っており、小六で風呂場感染でうつされる。その男からDV。恨みで大人になってその男の会社潰し、顔面を鈍器で殴る。やりかえしのため包丁を持っていて、怖くなかった。
現在に至る

貧困・片親・安い住宅・貧困外での生活保護受給の老人による性的暴行を幼児期に体験・母親からの虐待・父親からの経済的虐待、無関心、救済要請を暴力で無視・父親も母親の交際相手も田舎育ちの中卒、高卒の元風俗店の従業員。
国が出産制限、人選、投票しても政治家がこのような状況を無視している現状・官僚も同様、犯罪・貧困の増加。貧困職の高待遇・保証のなさ。
死ぬまでセックスは出来ない。結婚も出産も願望無し。社会のありかたへの恨み。性交許可証なんてばかげてるけど、あったほうが、このようなことはなくなる。
幸せ=最新のテクノロジー家電などを買う事。なので、今はお金の為に自立へ向かっている。
1年公務員予備校に通い、おおまかな学力上昇(公務員試験は小中高校全教科だから)。

普通のバイトで自信がつく。変わりたい人はそういうことから逃れたい人は、したほうがいい。そういうことをすると、自信がなくなり、「学校という教育機関へ行くと他の同級生に悪い影響を与える」と思うから、絶対にやめないといけない。

見た目も地味で女を出さないようにしろと婦人か女性年配の先生に言われ実行。劇的に精神的貞操観念が上がり、強くなる。
母親などが見方が変わり、学費支援。
国家試験専門学校に、来年から通う予定。
23歳。
夢は最新家電や高級な衣服、家、食べ物に囲まれ、一生独身未出産で生きる。
病気は薬で治ったが、免疫の低下は、数値で見ると、白血球の低下、など。セックスしなくなって4年。回復し、食事もヘルパーが作ってくれる(精神障害による家事援助)。体質改善成功。
生活保護は入院中か一人暮らししか貰えないことが高確率なので、始めにしょーもない家でもいいから借りておく事を母親がした。
生活保護基準の家賃は、それなりに生活が出来る住宅のレベル。買うと1000万くらいの家のレベル。
職業訓練・生活保護の指導人は高学歴公務員・医師は高学歴・その他支援人がつくがこれも高学歴が多い。なので、まともな人が多く、こちらの人格も影響され、性格改善、自尊心・今までのいやがらせしてきたやつらへのやり返し実行への気力回復(ネットに実名でやられたことかく、実際にいって車割る・許す変わりに殴らせるよう言い殴る、学校などの口コミに細かにやられたことの実態書く)。

生活保護は医療費全額無料・悪い所すべて治す。
母親の元配偶者は男兄弟は狙わず、女のみ狙う。後にやりかえすも、今でも恨みは消えていない。いつかどうするかは解らない。国家資格剥奪も、否めない。退職後、遣り返しで、どうするかわからない。
父親も、やりかえすかもしれない。
寝たきりになった時、弱い自分を虐げたように、弱い父親や母親の交際相手らを虐げる可能性大。
共通するのは、全て平均以下の経済的水準生活・虐待・良心不仲経験者、母も父も母の交際相手もその親戚もほとんど。
公務員だったり大企業だったりしても、子だくさんによる貧困であった母親や親戚。子供は貧困で危険な状態にあった、今も。
私は、社会が変わってくれるのを願う。悪人が善人になり、不良が健康になり、不良が完全真面目になり、貧困がなくなり、子供が幸せになる社会をこれを見て作りたいと思える発信者が増えるよう、。
援助交際は、悪いクラスメイトの女に強要され、はまって、いいように使われる。その女は性的暴行経験有りの、片親の、極貧家庭(県営住宅)。
現在私は、子供を産まないように、子宮に黄体ホルモンの装置を付けており、セックスこそしないが、過去の経験人数により、子宮内変化による月経量の大幅増加による漏れや不順、異臭のため子宮内膜を減らし、生理の量を減らす装置を「過多月経」の名目診断で保険適応により格安で施術予定。5年に一回取り替える事で、維持。簡単な、ほぼ痛みの無い施術だそうだ。
今の生活が、過去の汚点を除けば、一番穏やかで思考力が高く、安定。
無性愛者を名乗り、男の接触回避。
支援人の男性ら、支援人の女性らのみ、信用。
ひと付き合いがうまくなり、生活にも順応しており、恵まれていない中、一番最前な選択を実行中。

単語でしかかけないのは、まともに書けないから。感情移入すると、涙がでるから。

弱いものは搾取される社会、なくならないなら、いっその事、強く演じて、産まなければ、性行為をしなければ、中から健康に気を付けてでお金さえあれば幸せが掴める。
そう至った。




















※生活保護は子供から大人まで恵まれない人に月々15万くらいただで貰える制度。
障害基礎年金は精神障害の人が病院で職員に申請したいというと月2万や交通費無料券(市内全域)もらえる制度しくみ法律。
生活保護は近くの区役所に申請したいといいに行く。断られたら(私は一回断られて、二回目教師連れて行き申請認可)、学校の先生など賢い第三者を連れて行けばほぼほぼ子供や女性なら確定。男性は未婚や子無しで売り専(ゲイ向け風俗)などしていれば女性扱い、必ず風俗している事を言う事、男女問わず風俗や売春経験者は精神的にも経済的にも不安定と見なされ生活保護認定通りやすい。家に帰りたくないホームレスギャル、貧困故に出会い系サイトで売春や結婚目的に飛び回る男女なども、正直にそのことを説明すれば、通りやすい。安定した生活、健康があるので、人格も変わり、自立が目指せるが、大学も、社会福祉協議会と保護で、行かせてくれる。高校ももちろん無料。とにかく、正直に全て話し、どうすればいいか周りに聞いて、実行する事。
生活保護に年齢は関係ないが中学生以下は、児童養護施設になる可能性が高い。しかし、生活保護同様、実家に居るよりは環境が改善される確率が高いので、これも区役所や児童相談書に子供自らか、教師などを誘っていけば申請は通るだろう。人間不信で話すのが苦手でも人生改善の為だと口を無理矢理動かし、家に居たくない理由をしっかり正直に無駄に恥ずかしがらず、嫌だった感情を細かく職員に伝えれば、早く通る。
ここまで書いたのは、本当に困っているのにSOSが出せない人を、救いたいから。自分が感じた地獄の苦しみ。人は感じては行けない苦しみ。これ以上この人間を産まないで。芽を出さないで。やりたいなら、自分を虐げた人らへの仕返しをして。解決はそこから。捕まらないリスクのない方法はいくらでもある。探して。不幸になった人間を産んだ親は、命をなんとも思っていない。現実。逃避しない事。私は、父親と母親の彼氏にもやりかえした。物理的にも名誉的にも。あとは老後、男にも弱者の苦しみを与える。